水彩画初心者の人も絵を描くことを始めませんか!

絵は子供の頃から描くのが好きでした。

小学校、中学校の「図画・工作」の成績はいつも5段階の4か5だったし、水彩画は特に透明水彩が色が綺麗で好きで、親や先生達にも褒められていたし、将来は絵を描くのを仕事にしたいなー、なんて思っていました。

高校を卒業して、絵の学校に通いだしたら、なんとなくあった自信なんて吹っ飛んでしまいました。

上手い人や物凄い量の絵を描いてくる人、発想のすごい人、センスのある人がいっぱいいて、私は自信を失くしてしまって何を描きたいのか分からなくなってしまいました。

その後、ほんの何度か賞狙いの出品をして、成績も残せずそのまま仕事に就いてしまい、絵に対してはちくっと痛い思い出を抱いたままに、封印してしまいました。

最近、絵とはぜんぜん関係ない習い事の場で、少し絵を描く機会があるんです。

色鉛筆でささっと描くだけですが、「あ、絵を描くのって楽しいんだった!」と、思い出しました。

なんだか、人の評価とか賞を取ったの取らないの、ばかり気になって、自分がどう描きたいかや描くことが楽しい、ということを忘れていました。

それから、色鉛筆でささっと切り花や風景のスケッチを気の向くままに描いてみたり、それに水彩絵の具で色をつけてみたり、楽しんでいます。

回り道してしまったけれど、絵を描くということをもう一度楽しんでいます。

水彩画初心者の人も私のように気楽に絵を始めると良いですよ。

まわりのことは気にせずに自分が描きたいように自由に描けば良いんですからね。

初心者だからといって躊躇していては何事も始まりません。

是非、私のように水彩画にチャレンジしてみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です