思いのほか高くつくインク代

プリンターのおかげで、自宅で手軽に印刷物を作成できるようになりました。

例えば仕事で使う資料、年賀状、サークル活動に伴う各種案内状、自宅で活用するリスト(CDやDVD、ゲーム、漫画など)・・他にも様々な使い道があるかと思われます。

こういった印刷物は日常生活を送るうえで必須の要素だとも言え、それを踏まえるならば「プリンターが無ければ、充実した日常生活を送れない」といっても過言ではないのかもしれませんね。

なので、今後更にプリンターの重要性は高まっていくものと思われます。

そんななか、プリンターを活用するうえで、個人的にちょっとした問題に直面しております。

どういう事かというとですね、プリンターのインク代が思いのほか高くつくことに、ちょっとばかし懸念を感じているのです。

日常的に様々な印刷物を作成していると、当然のことながらインクの減りも早いわけでして、頻繁にインクを交換しなければなりません。

今使っているインク(6色)は、大体6000円ほどするのですが、それを二か月に一度くらいのペースで交換している現状を踏まえるならば、年間通して36000円もの出費が必要という事になります。

実際には、もう少し高くついているはずで、うーん、もうちょっと安くならないものでしょうか。

せめて、6色インクで3000円くらいにしてほしいものです。

そう思っていたところ、プリンターインク再生品というサイトを見つけました。

このサイトでは純正品や再生品よりも安いという互換インクというものがあることが紹介されていました。

なんと純正品の半額以下の値段でプリンターインクが買えるというのですからスゴイですね。

品質も変わらないというので次回からはこの互換インクにしようと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です